アタマの中は花畑

小さな花壇と家庭菜園を手に入れたガーデニング初心者の日々を綴っています。たまに旅行のことも書いたりします。

見かけだけなら夏気分

10月も下旬になり、朝夕はかなり肌寒く感じるようになりましたね。ついこの間までは暑いくらいでしたが、来週はもう11月に入ってしまいます。

 

こんな書き出しからスタートしましたが…実は私、結構な暑がりだったりします。それ故に、周りと服装がズレていることがあり、突っ込まれることもしばしばです。

周りの方に比べると、見かけや気持ちは少しだけ夏気分なのかもしれません。笑

 

そんな私に育てられているためか、夏植えの花がまだまだ咲いてくれています。こちらも、花の見かけだけなら夏気分です。

f:id:matundaba79:20191024214501j:image

ペチュニア

f:id:matundaba79:20191024214515j:image

ブルーサルビア

f:id:matundaba79:20191024214531j:image

サルビア

f:id:matundaba79:20191024214546j:image

マリーゴールド

f:id:matundaba79:20191024214559j:image

▲ハイビスカス

 

どの花も、花殻を摘むくらいの簡単な世話で長く咲いてくれるのが魅力です。この調子だと、もう少し楽しませてくれそうです。

 

とはいえ、この先の冷え込みには気を付けないといけないですね。ハイビスカスやミニパインなど、寒さに弱い植物は一度の冷え込みでも株が痛んでしまわないか心配です。。。

 

室内に取り込んだとしても、「息子」という怪獣に葉をちぎられるかもしれないのですが。笑