アタマの中は花畑

小さな花壇と家庭菜園を手に入れたガーデニング初心者の日々を綴っています。たまに旅行のことも書いたりします。

ルピナスが発芽しました!

花壇にルピナスを咲かせることを夢見て、実家から譲り受けた種を育てています。育苗ポットである程度育てた後、花壇に植え付ける予定です。

 

新芽の定点観察

芽が出始めた頃は大豆みたいな見た目をしていましたが、日に日に本葉が大きくなり、徐々にルピナスらしくなってきました。

 

◎11月4日撮影

f:id:matundaba79:20191110214441j:image

 

◎11月6日撮影

f:id:matundaba79:20191110214524j:image

 

◎11月7日撮影

f:id:matundaba79:20191110214627j:image

 

◎11月8日撮影

f:id:matundaba79:20191110214554j:image

 

◎11月10日撮影

f:id:matundaba79:20191110214656j:image

 

◎11月13日撮影

f:id:matundaba79:20191113222746j:image

 

双葉の間から本葉がグイーッと伸びてきて、まるで何かの変身シーンを見ているようです。笑

 

ルピナスの概要

f:id:matundaba79:20191110215701j:image

科・属名:マメ科ハウヒチマメ属(ルピナス属)

種別:一年草多年草(日本では一年草扱い)

花色:赤、ピンク、白、紫など

花期:4〜6月

原産:北アメリカ、南ヨーロッパ

別名:葉団扇豆(ハウチワマメ)、昇り藤(ノボリフジ)など

花言葉:生命力、元気、唯我独尊など

◎特徴:

原産地では一年草、二年草、多年草など様々な品種がありますが、暑さに弱いため日本では一年草扱いされます。花の形や咲き方から、昇り藤(ノボリフジ)などの別名があります。

元々は食用や肥料用として日本に伝わりましたが、現在では鑑賞用として育てられることが多いようです。

f:id:matundaba79:20191110220528j:image

 

我が家のルピナス

我が家では、以下の2種類を育てています。

南ヨーロッパ原産のカサバルピナス

・北アメリカ原産のラッセルピナス

 

f:id:matundaba79:20191110221503j:image

▲カサバルピナス

 

f:id:matundaba79:20191110220925j:image

ラッセルピナス

 

ちなみに、先程の定点観察はカサバルピナスです。カサバルピナスは何本か発芽しているのですが、ラッセルピナスはまだ発芽の兆しがありません。

 

同じ日に蒔いたはずなんですけどね。。。

個体差だと思って、もう少し気長に待つことにします。

 

同じマメ科ですが…

今日、同じマメ科のさやえんどう・スナップえんどうの種まきをしました。2袋でたった100円!

 

f:id:matundaba79:20191110221539j:image

 

種蒔きの時期としてはかなりギリギリになってしまった気がしますが…。こちらもラッセルピナスと同様、気長に発芽を待とうと思います。