アタマの中は花畑

小さな花壇と家庭菜園を手に入れたガーデニング初心者の日々を綴っています。たまに旅行のことも書いたりします。

【イチジク】一文字整枝、本番!

先日、葉や実が落ち始めたことを記事にしたばかりですが…今朝、遂に全ての葉が落ちてしまいました。実だけは辛うじて残っていますが、もうすっかり冬の姿です。

f:id:matundaba79:20191220205414j:image

◎関連記事

 

現在、一文字整枝に挑戦している我が家のイチジク。ちょうど今日は年休をいただいていたため、本格的な整枝をしてしまうことにしました。

 

 

そもそも一文字整枝って何?

詳細は過去の記事にまとめたのですが、ざっくり言うと、

・イチジクの木をコンパクトに仕立てたい!

・低いところに結実させ、収穫しやすいようにしたい!

…という、私みたいな人のための整枝方法です。

 

植え付け1年目は、主枝を切り落とした後に脇枝を2本だけ残して育てるようにします。残した脇枝は、後の主枝になります。

 

◎関連記事

 

整枝実行!

こちらが作業前のイチジクです。

この時点では、支柱を使って脇枝を斜め上方向に誘引しています。ただ、一文字整枝のためには、脇枝をもう少し地面と平行にする必要があります。

f:id:matundaba79:20191220180902j:image

 

支柱を取り除いた状態がこちら。支柱のおかげで、(それなりに)誘引できている気がします。ここまで誘引されていれば、この後の作業も比較的楽に済みそうです。

f:id:matundaba79:20191220181042j:image

 

これが正解かどうかはわからないのですが…100円ショップで購入した麻紐と、マルチシート固定用のピンで枝を誘引してみました。

f:id:matundaba79:20191220205551j:image

(※100円ショップって本当何でも揃ってますね。多分、100円ショップがないと生きていけないと思います。笑)

 

作業はわずか10分ほどで完了しました。枝への負担を少しでも抑えるため、麻紐はクロスさせておきました。

f:id:matundaba79:20191220205942j:image

 

おわりに

人生初の整枝のため、見様見真似でやってみましたが…見かけだけはそれらしくなったように思います。ただ、今回の方法が正解かどうかはわからないため、しばらく様子をみることにします。

枝への負担がかかり過ぎているようであれば、誘引の方法を見直す予定です。

 

(※記事の内容的に致し方ないのですが、今回の写真、どれも地味ですね。。。)