アタマの中は花畑

小さな花壇と家庭菜園を手に入れたガーデニング初心者の日々を綴っています。たまに旅行のことも書いたりします。

【花壇】手間はかかるが種から育てるのがおトク!

先週末、育苗ポットで育てていた花の苗達をそうやく花壇に植え付けることができました。取り敢えず、年内に完了できて良かったです…!

 

 

今回植え付けたのは…

今回植え付けた苗はこちら。(私にしては)かなり多くの種類を植え付けました。

 

キンセンカ

f:id:matundaba79:20191223203433j:image

 

◎カサバルピナス

f:id:matundaba79:20191223203455j:image

 

ラッセルピナス

f:id:matundaba79:20191223203536j:image

 

◎ゴテチャ

f:id:matundaba79:20191223203558j:image

 

アグロステンマ

f:id:matundaba79:20191223203620j:image

 

◎ヘリクリサム(帝王貝細工)

f:id:matundaba79:20191223203641j:image

 

◎イキシア

f:id:matundaba79:20191223203657j:image

 

かかった費用はなんと…!

この日ら合計7種類の苗を植え付けたのですが、種や球根の調達にかかった費用はわずか¥100でした!

f:id:matundaba79:20191223215622j:image

イキシアのみ100円ショップで購入してきたのですが、その他の種は全て実家から譲り受けたもの、あるいはイベント時にもらってきたものです。本当にありがたい限りです…!

 

通常、これだけの苗を購入するとなるとかなり費用がかかってしまいますが、種から育てれば安い費用でたくさんの苗を作ることができます。花壇で育てた花をから種を採り、翌年に種を蒔ければ更にコストパフォーマンスは良くなります。

 

ラッセルピナスだけは更に種蒔きしました!

今回育てた苗のうち、ラッセルピナスのみ発芽率が異様に悪かった(育苗ポット10個中、2個しか発芽せず)ため…追加で育苗ポット×25個分の種蒔きをしておきました。これだけ蒔いておけば、きっと苗もたくさんできるはず…!

 

種から育てた方がコストパフォーマンスは良いですが、発芽率や害虫、病気などの影響を受けやすくなってしまうのはちょっとだけ難点です。育てるのに苦労する分、花への愛着は湧きますけどね

f:id:matundaba79:20191223204656j:image

ラッセルピナス

 

関連記事

カサバルピナスの成長の様子については、以下の記事でも更新中です。ぱっと見の変化が少なくなったため、少し更新が途絶えてましたが…。

f:id:matundaba79:20191223203513j:image

 

◎その他の関連記事

 

/* 見出しをh3→h2、h4→h3、h5→h4に変更 */