アタマの中は花畑

小さな花壇と家庭菜園を手に入れたガーデニング初心者の日々を綴っています。たまに旅行のことも書いたりします。

【キンカン】実家のキンカンでジャムを作ってみました

遂に来てしまいました、仕事始め。

実家から帰ってきて既に数日が経過していますが、もうしばらく帰省関連の記事が続きます。(※年始は駅伝ばかり見ていたため、記事更新も遅れ気味です)

 

さて本題に入りますが、今回は実家で収穫したキンカンをジャムに加工してみました!

 

 

まずは収穫!

実家にはキンカンの木が2本あるのですが、日当たりの良い場所に植えた木の方が実の色付きは良かったです。

f:id:matundaba79:20200106195426j:image

 

このキンカンの収穫期は1〜3月頃。まだ熟していない実もちらほらあるため、色付きの良いものから収穫していきます。

収穫した実がこちら(後日自宅にて撮影)。大きめのボウル山盛り1杯分でした。

f:id:matundaba79:20200106200222j:image

 

ジャムの作り方

早速、収穫した実をジャムに加工してみました。

 

材料や作り方は比較的簡単でしたが、下処理にかなり時間がかかりました。男1人で夜な夜な作ったため、見栄えの悪い写真もありますが悪しからず。。。

 

材料はこちら!

キンカン 1.1kg (※種を抜いた状態)

・砂糖 550g (※キンカンの重さの半分)

・レモン汁 大さじ3 (※適量)

 

①まず、水で洗ったキンカンを鍋で茹でます。5分ほど茹でると皮が半透明になるため、ザルにあげて粗熱をとります。

f:id:matundaba79:20200106200728j:image

 

②続いて、実から種を取り出し、細かく刻んでいきます。本当は千切りが良いのかと思うのですが…様々な食感を楽しむため(※本当は途中で面倒くさくなっただけ)、乱切りにしてみました。

f:id:matundaba79:20200106201009j:image

この作業にかなりの時間を要しました。テレビを見ながらとはいえ、1時間半くらいかかったような。。。

 

③刻んだキンカンを鍋に入れ、砂糖とレモン汁を投入します。ジャムってこんなに砂糖入ってるんだ…と、改めて実感しました。

f:id:matundaba79:20200106201354j:image

レモン汁は、庭のレモンを収穫して調達。余った部分はレモンティーとして美味しくいただきました。

 

◎関連記事

 

④③をよく混ぜ、20分ほど放置します。

f:id:matundaba79:20200106202003j:image

 

⑤④を火にかけ、弱火で20分ほど煮込みます。焦げつかないよう、たまにかき混ぜながら様子を見ます。

f:id:matundaba79:20200106202145j:image

 

⑥火から下ろし、粗熱が取れれば完成です。保存容器やフリーザーバッグに小分けし、冷凍庫で長期保存することも可能です。

f:id:matundaba79:20200106202250j:image

f:id:matundaba79:20200106202311j:image

 

出来立てのジャムは、見よう見まねで作ったスコーンにつけていただきました。どちらも及第点…といったところでしょうか。

f:id:matundaba79:20200106202501j:image

 

キンカン(金柑)の概要

最後に、キンカンの概要をまとめておきます。

 

f:id:matundaba79:20200106084849j:image

科・属名:ミカン科キンカン

種別:常緑低木

花色:白

花期:7〜10月

収穫期:11〜5月

原産:中国

別名:金橘(キンキツ)

花言葉:思い出、感謝など

◎特徴:

ミカン科キンカン属に属する常緑低木の総称です。耐寒性があり剪定にも強いことから、庭木としても好まれます。

夏〜秋にかけて3回開花し、橙色の小さな実をつけます。一般的なミカンとは異なり、皮ごと食べることができます。

 

ちなみに…

虫刺されの薬としてお馴染みの「キンカン」は、古代新羅の王冠が名前の由来と言われており、金柑とは無関係なのだそうです。