アタマの中は花畑

小さな花壇と家庭菜園を手に入れたガーデニング初心者の日々

【TM9】種まきから1年でランナー(匍匐茎)を確認!日向に移して徒長も解消!?

◎前回の記事はこちら

【TM9】種まきから1年弱が経過…日向と日陰で育ち方も違う!? - アタマの中は花畑

 

前回の記事からあまり間隔が空いていませんが…我が家で育てている「実生TM9(芝生)」に動きが見られたため、今回はその近況をお知らせしたいと思います。

前回記事時点では日照不足による徒長が発生してしまったため、一旦日当たりの良い場所に移して管理してみることにしました。種まきから1年、そして日当たりの良い場所に移してから1カ月弱、実生芝生はどこまで変化したのでしょうか?

f:id:matundaba79:20220823213623j:image

 

 

現在の実生TM9の様子

現在の実生TM9がこちらです。こうして並べてみると、この1カ月弱で見違えるほど葉が増えたことが分かります。一部の葉が茶色く変色してしまいましたが、大半の葉は活き活きしており今のところ問題なさそうです。

◎7月下旬撮影

f:id:matundaba79:20220823214240j:image

↓↓↓

◎8月下旬撮影

f:id:matundaba79:20220823214342j:image

 

遂にランナー(匍匐茎)を確認!

先程撮影した写真を拡大してみると、前回記事時点では見られなかった蔓のようなものが伸びていることがわかります。この部分はランナー(匍匐茎)と呼ばれ、芝生に関しては地面にランナーを這わせること成長していきます。

f:id:matundaba79:20220823221542j:image

 

他にランナーを持つ植物として有名なのはイチゴあたりでしょうか。イチゴに関してはランナーの先端に付いた新芽が根付くことで子株となります。イチゴのランナーは株を増やすためのもので、子株が根付いた時点で役割を終えて枯れてしまいます。

f:id:matundaba79:20220823221522j:image

◎関連記事はこちら

【イチゴ】3〜4月の開花期に伸びたランナーは摘み取るべき? - アタマの中は花畑

 

なお、前回記事に登場した「家庭菜園の実生芝生」からもランナーが伸び、徐々に広がり始めていました。芝生にとっては、ちょうど今くらいの時期が成長期なのかもしれませんね。

◎7月下旬撮影

f:id:matundaba79:20220823214433j:image

↓↓↓

◎8月下旬撮影

f:id:matundaba79:20220823214404j:image

 

日向に移したら徒長も解消した!?

こちらの写真は別のポットの実生TM9ですが…

f:id:matundaba79:20220823223824j:image

 

よく見てみると、大きく分けて2種類の葉が伸びていることが分かります。黄丸で囲んだ部分は前回記事時点でも確認できた「徒長した葉」、青丸で囲んだ部分はこの1カ月弱で新たに生えた「草丈の低い葉」です。
f:id:matundaba79:20220823223828j:image

やはり日当たりの良い場所に移したことで日照時間が確保され、TM9本来の「草丈の低い葉」に戻ったということなのでしょうか。いずれは元の草丈に戻るだろうなと予想していましたが、まさかこんなに短時間で変化が見られるとは思いませんでした。

ランナーも確認できたので次はいよいよ植え替えですね。もう少し暑さが落ち着いたら、庭の片隅に定植してみようかと考えています。

 

◎次回の記事はこちら

(庭に植え替えるタイミングで更新?)


芝生 TM9 1平米 ティーエムナイン 鹿児島産 高麗芝 手入れが楽 簡単で見た目もキレイな芝生 楽天市場芝生ジャンル連続1位獲得 やっぱり人工芝より天然芝 ガーデニング DIY 美景観 省管理 少ない肥料【店頭受取対応商品】