アタマの中は花畑

小さな花壇と家庭菜園を手に入れたガーデニング初心者の日々

【都道府県の花#29】奈良県の木・花について

◎前回の記事はこちら(#28兵庫県)

【都道府県の花#28】兵庫県の木・花について - アタマの中は花畑

 

2023年7月より「都道府県の木・花シリーズ」と題して、各都道府県を代表する植物についてご紹介しています。第29回となる今回は、奈良県の木と花について取り上げたいと思います。

 

 

奈良県の木について

奈良県の木は「スギ(杉)」です。ここでは、スギの概要についてもご紹介します。

f:id:matundaba79:20240515220615j:image

科・属名:ヒノキ科スギ属

種別:常緑高木

花色:─

花期:2月中旬〜4月上旬頃

原産:日本

別名:オモテスギ、ヨシノスギなど

花言葉:雄大、堅実、堅固など

◎特徴:

日本固有の針葉樹で、本州〜九州にかけて広く自生しています(北海道でも植林されている例はあります)。幹が真っ直ぐに伸びることから当初は「直木(スクキ)」と呼ばれ、現在ではこれが転じて「スギ」になったと言われています。真っ直ぐ伸びた幹は木材としても重宝され、人工林の品種別植林面積では日本一を誇ります。

花期は2月中旬〜4月上旬頃で、立春を過ぎるとまずはスギ花粉が飛散し始めます。

◎杉の概要は下記記事からの引用です

【花粉症】スギやヒノキの花粉飛散量はどうやって予想しているの? - アタマの中は花畑

 

奈良県の花について

続いて、奈良県の花は「奈良八重桜(ナラノヤエザクラ)」です。こちらも、奈良吉野桜の概要についてご紹介します。

f:id:matundaba79:20240515232113j:image

科・属名:バラ科サクラ属

種別:落葉高木

花色:薄桃

花期:4〜5月

原産:日本

別名:ナラヤエザクラなど

花言葉:豊かな教養、おしとやかなど(※八重桜の花言葉)

◎特徴:

元々一重咲きのオクヤマザクラ(カスミザクラ)が重弁化した変種で、一般的な八重桜に比べて花期が遅く、小ぶりな花を咲かせます。繁殖力は非常に弱く、実生や接木で殖やすことも難しいと言われています。

百人一首でも知られる「いにしへの 奈良の都の 八重桜 けふ九重に にほひぬるかな」という歌に登場する八重桜は、本種のことを指しています。なお、本種はあくまでも八重桜の中の1品種であり、奈良県内で見かける八重桜の総称を指している訳ではありません。

 

奈良県の木・花の由来は?

奈良県の木としてスギ、奈良県の花として奈良吉野桜が選ばれたのには、それぞれ以下のような経緯があるようです。

f:id:matundaba79:20240515232118j:image

◎スギ

・毎日新聞社の提唱により、選考委員会にてアセビ、ウメ、サクラ、スギ、モミジの5候補が挙がった。その後の県民によるハガキ投票により、昭和41年9月に正式に制定された。奈良県は森林面積が広く、杉(吉野杉など)が多くうえられていることなどが由来。

 

◎奈良八重桜

・県の花選定委員会にて奈良八重桜、山桜、牡丹、梅、馬酔木(アシビ)、藤の6候補が挙がり、その後昭和43年3月に正式に制定された。百人一首(伊勢大輔)の歌にも詠まれるなど、奈良県との関わりが深いことなどが由来。

 

◎次回の記事はこちら(#30和歌山県)

(※気が向いた頃に更新)


【3本セット】「スギ(杉)」 苗木 0.5m程度