アタマの中は花畑

小さな花壇と家庭菜園を手に入れたガーデニング初心者の日々

【雑談】名前に「カズラ(葛)」が付く植物一覧〜それぞれの名前の由来は?〜

スマホの容量がいっぱいになってしまったため、写真を整理していたところ、GW頃に撮影したこちらの花が出てきました。撮影当時は名前が分からず、調べるのにも一苦労したのですが…後にスイカズラと呼ばれる植物であることが判明しました。まるでスイカの仲間かのような名前ですが、漢字では「吸葛」と表記するので、カズラ(葛)の仲間だと思っておいた方が良さそうです。

f:id:matundaba79:20240613084204j:image

今回取り上げたスイカズラをはじめ、名前にカズラが付く植物は結構多い印象ですが…そもそも「カズラ」とは何を表しているのでしょうか?

 

 

スイカズラ(吸葛)の概要

まずは、 冒頭で取り上げたスイカズラの概要からご紹介します。

f:id:matundaba79:20240614092529j:image

科・属名:スイカズラ科スイカズラ属

種別:つる性常緑低木

花色:白、黄

花期:5〜6月

原産:日本

別名:キンギンカ(金銀花)、ニンドウ(忍冬)、ハニーサックルなど

花言葉:愛の絆、献身的な愛など

◎特徴:

日本原産のつる性常緑低木で、日本では北海道南部〜九州地方に分布しています。5〜6月頃に白い花を咲かせますが、次第に黄色く変化していくことからキンギンカ(金銀花)と呼ばれることもあります。また、冬でも青々とした葉を茂らせていることからニンドウ(忍冬)という別名も待ちます。茎や葉は生薬としても知られ、解熱・解毒などの作用があります。

欧米では観賞用として栽培されることもありますが、アメリカでは野生化した個体が広く繁殖してしまったことから、近年問題視されています。

 

「カズラ」の定義について

今回のテーマでもある「カズラ(葛)」はつる性植物の総称です。元々、つる性植物を髪に巻き付けて作った髪飾りのことを鬘(カズラ)と呼んでいたことから、材料となる植物のことも「カズラ」と称するようになりました。そのため今回取り上げたスイカズラのように、名前にカズラが付く植物は基本的につるを伸ばして成長します。

f:id:matundaba79:20240614092534j:image

なおスイカズラに関しては、花筒の奥に溜まった甘い蜜を子供達が吸っていたことから「吸う+カズラ(つる性植物)」が名前の由来となっています。英名のハニーサックルについても、同じような意味合いを持ちます(honey(蜂蜜)+suckle(吸う))。

 

名前に「カズラ」が付く植物一覧

最後に、名前に「カズラ」が付く植物とその名前の由来をまとめてご紹介したいと思います。

なお今回記載した由来はあくまでも一説であり、中には諸説ある品種も含まれていますのでご容赦いただければと思います。

f:id:matundaba79:20240614092610j:image

◎アオイカズラ(葵葛)

・葉の形状が葵(アオイ)の仲間に似ていることが由来。

◎イカダカズラ(筏葛)

・別名ブーゲンビリア。花(苞)の形状が筏(イカダ)に似ていることが由来。

◎ウツボカズラ(靫葛)

・捕虫袋の形状が靫(ウツボ)に似ていることが由来。

◎オウゴンカズラ(黄金葛)

・別名ポトス。葉に黄金色の斑が入ることが由来。

◎コウシュンカズラ(恒春葛)

・別名キントラノオ。台湾の恒春半島に分布していることが由来。

◎コウモリカズラ(蝙蝠葛)

・葉の形状が羽を広げた蝙蝠(コウモリ)に似ていることが由来。

◎サネカズラ(真葛)

・目立つ実をつけることが由来。樹液を男性の整髪剤に用いていたことからビナンカズラ(美男葛)とも呼ばれる。

◎シイノキカズラ(椎の木葛)

・葉の形状が椎の木(シイノキ)の仲間に似ていることが由来。

◎シラタマカズラ(白玉葛)

・実の色や形状が白玉(シラタマ)に似ていることが由来。

◎ツリガネカズラ(釣鐘葛)

・花の形状が釣鐘(ツリガネ)に似ていることが由来。花の香りがカレーに似ていることからカレーカズラと呼ばれることもある。

◎テイカカズラ(定家葛)

・鎌倉時代の歌人である藤原定家が、自身の死後も愛する人を忘れられず、テイカカズラに生まれ変わって彼女の墓に絡み付いたという言い伝えが由来。

◎ニンニクカズラ(大蒜葛)

・葉や花を揉むと大蒜(ニンニク)のような香りがすることが由来。

◎ノウゼンカズラ(凌霄葛)

・空を凌ぐほど伸びるという意味合いの凌霄(リョウショウ、ノショウ)が由来。

◎ハートカズラ

・葉の形状がハートに似ていることが由来。

◎ハツユキカズラ(初雪葛)

・葉に入った白い斑が初雪のように見えることが由来。

◎ヒカゲノカズラ(日陰葛)

・日陰に多く分布することが由来(※以前は日陰=日なたを表していたという説もあり、詳細は不明)。

◎ビンボウカズラ(貧乏葛)

・別名ヤブカラシ。この植物が繁栄すると家が貧乏になってしまうという言い伝えが由来。

◎フウセンカズラ(風船葛)

・風船のような見た目の実をつけることが由来。

◎ヘクソカズラ(屁屎葛)

・葉や茎に悪臭を持つことが由来。

◎ホウライカズラ(蓬莱葛)

・滅多に見られないため、伝説の山である蓬莱山(ホウライサン)にちなんだことが由来。

◎マングーカズラ

・見た目がハブカズラに似ており、かつハブカズラよりも耐陰性・耐寒性に優れることが由来(ハブとマングースの関係から)。

◎ヤモメカズラ(寡婦葛)

・生命力の強さが寡婦(ヤモメ)を連想させることが由来。

◎ラショウモンカズラ(羅生門葛)

・花の形状が、平安時代に羅生門(ラショウモン)で切り落とした鬼女の腕に似ていることが由来。


ハニーサックル(スイカズラ) ハーブ苗 白花