アタマの中は花畑

小さな花壇と家庭菜園を手に入れたガーデニング初心者の日々を綴っています。たまに旅行のことも書いたりします。

イチジクのその後

以前、植え付け1年目で実がついた!とテンションの上がっていたイチジクですが、その実が少しずつ大きくなってきました。

 

f:id:matundaba79:20191005200936j:image

▲9月8日撮影

f:id:matundaba79:20191005201027j:image

▲9月24日撮影

f:id:matundaba79:20191005201057j:image

▲10月5日撮影

 

大きくなってきたとはいえ、やはり今年中には食べられなさそうですね。夏果の性質があるとすれば、収穫は来年夏の見込みです

(※実家から譲ってもらったこの木。先程の記事では、夏果秋果兼用のカドタだと予想しています。果たして、正解はいかに…?)

 

また、このイチジクの木は一文字整枝にも挑戦中。今年は植え付け1年目なので、2本の枝のみを残し、左右に伸ばしています。

 

f:id:matundaba79:20191005211534j:image

▲8月23日撮影

f:id:matundaba79:20191005211406j:image

▲10月5日撮影

 

こちらも、この1か月半で大分成長しました。枝元の部分は木質化が始まっており、良い感じです。

 

一方、枝の先端はというと…

f:id:matundaba79:20191005211903j:image

 

次々に実がついています。

冬までに木質化してくれれば、この実も残せるのですが…。果たして今後どうなるでしょうか。