アタマの中は花畑

小さな花壇と家庭菜園を手に入れたガーデニング初心者の日々を綴っています。たまに旅行のことも書いたりします。

【クラックビー玉】オーブンを活用した作り方 〜フライパンがなくても作れます〜

不定期更新の「その他趣味」カテゴリです。

 

趣味というより私の好みなのですが…小さい頃からカラフルなものがとても好きです(※きっと、花好きもこれに通じていると思われます)。特に、ガラス類の透明感には目がありません。

 

具体例を挙げると、シーグラス(たまに浜辺に拾いに行くくらい好き)や、

f:id:matundaba79:20200227214845j:image

 

とんぼ玉や、

f:id:matundaba79:20200227085637j:image

 

風鈴などは見ていると落ち着きます。

f:id:matundaba79:20200227085655j:image

 

そんなガラス製品の中で、特に入手しやすいものの一つがビー玉です。最近だと、100円ショップでもかなり取り扱われています。

f:id:matundaba79:20200227085919j:image

 

さて、ようやく今回のタイトルに触れるのですが、このビー玉を少し加工するだけでお洒落な「クラックビー玉」を作ることができます。通常、クラックビー玉はフライパンで作ることが多いのですが、今回はオーブンを使った作り方をご紹介したいと思います。フライパンを傷める心配もないのでおすすめですよ!

 

 

クラックビー玉って何?

クラックビー玉とは、意図的にヒビ(クラック)を入れたビー玉のことです。クラックビー玉に光が入射すると、内部のヒビで乱反射し、元々のビー玉にはない独特の輝きを放ちます。

その輝きは宝石に例えられることもあるほどで、最近は手軽に作れるインテリアとしても人気を集めています。実際、私自身も何度か作ったことがあります。

f:id:matundaba79:20200227215029j:image

 

一般的な作り方

クラックビー玉の作り方はとてもシンプルで、ビー玉を熱した後に一気に冷ますだけです。一般的には、以下のような作り方をします。

①フライパンでビー玉を炒る

②氷水で一気に冷ます

③乾かせば完成

 

フライパンを持っていない場合の作り方は…?

これまで、私も上記のような作り方をしていたのですが、今回は手元に使えそうなフライパンがありません。。。

・料理に使ってるフライパンでビー玉を炒るのはちょっと…。

・クラックビー玉を作るためにフライパンを買おうと思ったけど、フライパンって結構高い!

 

そんな私のような方におすすめなのがオーブンを活用した方法です。オーブンで作る場合のメリット・デメリットは以下です。

◼︎メリット

・ビー玉を均等に熱することができる

・かき混ぜる必要がないため、ビー玉が傷みにくい

・同じ理由で、オーブンも傷まない

 

◼︎デメリット

・予熱が必要なため、フライパンよりも所要時間が長い

・オーブンの設定温度が低いと、うまくヒビが入らないことがある

 

オーブンを活用した作り方

それでは、今回私が実践した作り方をご紹介したいと思います。材料はこちら。

・ビー玉(透明または半透明) 2袋

・ネイルトップコート(透明・速乾性) 1本

・小瓶 1個

f:id:matundaba79:20200227220501j:image

 

全て100円ショップで調達したものなので、総額は税抜400円でした。男2人(私と息子)で買い出しに行ったため、トップコートを探すのにかなり苦労しました。。。

 

上記の材料と氷(氷水用)を使って、早速クラックビー玉を作っていきます。まずは、オーブンを200〜250℃に予熱しておきます。

f:id:matundaba79:20200227221552j:image

▲今回は250℃に設定しました。

 

予熱が完了したら、クッキングシートを敷いた天板にビー玉を入れ、オーブンに投入します。

f:id:matundaba79:20200227221732j:image

 

200〜250℃で15〜20分程度加熱します。

f:id:matundaba79:20200227221836j:image

▲今回は250℃で20分加熱しました。

 

今度は、加熱している間に氷水をボウル1杯分用意しておきます。このボウルだけでも十分綺麗に見えます。笑

f:id:matundaba79:20200227221952j:image

 

加熱が完了したビー玉がこちら。見た目は全く変わっていませんが、とても熱いため直接手で触れないように気を付けましょう。

f:id:matundaba79:20200227222040j:image

 

さて、ここからが肝心です。

おたまなどでビー玉をすくい、氷水の中にそっと入れると…

f:id:matundaba79:20200227222203j:image

 

ジュッ!という音と同時に、ビー玉の内部にたくさんのヒビが入ります。この時、ビー玉を乱暴に扱うと粉々に砕けてしまうことがあるため、取り扱いはくれぐれも慎重に。

f:id:matundaba79:20200227222316j:image

 

残りのビー玉も、少しずつ氷水に入れていきます。

f:id:matundaba79:20200227222503j:image

 

全てのビー玉を氷水に入れ、十分に冷めたらザルにあげて乾かします。

f:id:matundaba79:20200227222552j:image

 

これでクラックビー玉自体は完成ですが、見栄えを良くしたり、強度を高めたりしたい場合はトップコートを上から塗っておくと良いですよ。

f:id:matundaba79:20200227223238j:image

何重にも塗ると一層輝くようですが、とても根気のいる作業です。お時間があればぜひ。

 

出来栄えチェック!

インテリアとして飾るため、完成したクラックビー玉を小瓶に詰めてみました。

f:id:matundaba79:20200227222735j:image

 

写真の撮り方が悪いのか、これだとクラックビー玉の良さが伝わらないですね。どうしたものか。。。

 

…ということで、瓶の下からライトをあててみました。

f:id:matundaba79:20200227222933j:image

 

さらに部屋の電気も消してみました。

こうやって見ると、光が乱反射されて綺麗ですね!

f:id:matundaba79:20200227223003j:image

 

あまりヒビが入らなかったビー玉もちらほらありましたが、クラックビー玉作りはひとまず成功ではないでしょうか。

 

おわりに

今回は、初めてオーブンでクラックビー玉を作ってみました。オーブンさえあれば、あとは手軽に購入できるものばかりですので、機会があればぜひ試してみてはいかがでしょうか?

 


【ビー玉】 カラーマーブル 17mm 200入 ミックス

/* 見出しをh3→h2、h4→h3、h5→h4に変更 */