アタマの中は花畑

小さな花壇と家庭菜園を手に入れたガーデニング初心者の日々を綴っています。たまに旅行のことも書いたりします。

写真に撮るのが難しい花達(個人的に)

少し前にキンモクセイの記事を書きましたが、キンモクセイの花を撮影するのはあまり得意ではありません。花自体が小さいためか、どう撮影したら良いかわからなくなってしまうんですよね。。。

 

今回は、個人的に撮影が苦手な花について書いてみたいと思います。

 

①花自体が小さく、かつ線状に咲くタイプ

私が最も撮影を苦手とするタイプです。花自体が小さいことに加え、かつ線状に咲くため、うまくピントが合わせることができません。

具体的には、ミズヒキやネジバナなどです。

 

f:id:matundaba79:20191022220004j:image

▲ミズヒキ(※写真AC様より引用)
f:id:matundaba79:20191022220008j:image

ネジバナ(※写真AC様より引用)

 

②花弁が薄く、かつ花茎が細いタイプ

花弁が薄く、かつ花茎が細いため、風に揺られやすいタイプです。少しの風でも揺られてしまうため、花形が崩れやすく、ピントも合わせづらいです。

具体的には、ポピーやコスモスなどです。

 

f:id:matundaba79:20191022220421j:image

▲ポピー

f:id:matundaba79:20191022220454j:image

▲コスモス

 

③花の形が複雑なタイプ

花の形が複雑なため、どこからどう撮影したら良いかわからなくなってしまいます。

具体的には、ヒガンバナノカンゾウなどです。

 

f:id:matundaba79:20191022220923j:image

ヒガンバナ

f:id:matundaba79:20191022220807j:image

ノカンゾウ

 

結論…

※上記は個人の感想です。

私もその1人なのですが、花好きな方の中には、花の写真を撮るのが好きな方も多いかと思います。私もガラケー時代から花の写真を撮影していますが、なかなか上達しないですね。。。

 

花を綺麗に撮影できる方が羨ましい今日この頃です。