アタマの中は花畑

小さな花壇と家庭菜園を手に入れたガーデニング初心者の日々を綴っています。たまに旅行のことも書いたりします。

スポーツジムへ行く途中…

今朝のMGCに触発され、久し振りにスポーツジムへ行くことにしました。(最近運動不足気味なので、いい加減体力を戻さなければ。。。)

 

東京マラソンに当選したら本格的に練習する!」と(言い訳を)言いつつ毎回外れてしまうので、なかなかまとまった練習ができずにいます。今年こそ当選してくれていることを祈ります。

 

さて、本題はスポーツジムの話ではなく、行く途中に見かけた花のお話です。9月に差し掛かったところ、ということもあり、花壇は夏〜秋に見られる花が多く咲いていました。

 

f:id:matundaba79:20190915222105j:image

▲まずはハイビスカス。南国の花(=夏の花?)の代表格ですね。色や株の大きさから判断すると、インドアハイビスカスと呼ばれる品種でしょうか。インドアハイビスカスにはたくさんの花色があるので、並べて植えるととても綺麗です。


草花の苗/ハイビスカス(ロングライフ):アドニスイエロー3.5号ポット

 

f:id:matundaba79:20190915222117j:image

▲続いてはヒマワリ。こちらも夏の花の代表格です。植え付けが遅かったのか、これから満開!といった感じでした。

 

f:id:matundaba79:20190915222128j:image

▲別の場所には、秋の七草の一つであるキキョウも。キキョウ=秋に咲くイメージがありますが、うまく手入れをすれば初夏〜秋まで長く楽しむことができます。

 

f:id:matundaba79:20190915222140j:image

▲こちらはペンタス。元々は熱帯性の低木なのですが、日本では越冬ができないため一年草扱いされることが多いです。

 

f:id:matundaba79:20190915222149j:image

▲最後はムクゲ。ハイビスカスとは別の品種ですが、どちらも「広義のハイビスカス」に含まれます。(※別記事参照)

 

花の写真を撮った後は、そそくさとスポーツジムへ。30分のジョギングと、一通りの筋トレをして帰ってきました。

 

きっと明日は全身筋肉痛でしょうね。

いや、筋肉痛は明後日かも。。。