アタマの中は花畑

小さな花壇と家庭菜園を手に入れたガーデニング初心者の日々を綴っています。たまに旅行のことも書いたりします。

【結婚記念日】思い出のアイビー

今日は3月16日。本ブログを始めて8か月弱、今回で237記事目になります。

 

8か月ほど記事を更新し続けてきたことになりますが、我が家の敷地内に植えた植物の中で、未だ本ブログに登場していないものが2種類あります。

 

1種類目は芝。そろそろ芝刈りをしなければならないため、折を見て記事でも触れられればと考えています。

そしてもう1種類が今回触れるアイビーです。アイビーについてはこれまでも触れる機会があったのですが、敢えて今日まで取り上げてきませんでした。今回はその理由も含めてお話ししたいと思います。

 

 

今日は結婚記念日!

見出しのとおりなのですが、今日3月16日は妻との結婚記念日になります。今日で丸3年が経過。明日から4年目に突入します。

我が家の場合、この結婚とアイビーが深く関わっています。

 

アイビーとの出会い

我が家に植えているアイビーと最初に出会ったのは、結婚披露宴の会場でした。会場装飾花の一つとしてアイビーを採用してもらったのですが、このつるを持ち帰り栽培し始めたのがきっかけだったりします。

f:id:matundaba79:20200316104706j:image

▲結婚披露宴の写真より引用。下の方に巻き付いている緑色の葉が、今回ご紹介しているアイビーです。「記念樹」ほどのものではありませんが、結婚記念として今でも大切に育てています。

 

f:id:matundaba79:20200316110559j:image

※余談ですが…装飾花を決める際、一番好きな花であるラナンキュラスを入れてもらうなど、結構口出しした気がします。。。笑

 

現在のアイビー

そして、こちらが育て始めて丸3年が経過しようとしているアイビーです。

f:id:matundaba79:20200316105753j:image

 

当初よりも葉が丸っこくなった気がしますが、今でも元気に成長しています。暑さや寒さも耐え凌ぎ、庭の片隅で徐々に勢力を拡大しています。

 

庭に植え付けた際に木柵を立てておいたのですが、上に伸びようとはせず、地面を這いつくばって成長しています。。。我が家のアイビーは天邪鬼なのかもしれません。

f:id:matundaba79:20200316105433j:image

 

もうすぐ引っ越し予定…

現在アイビーが育てているスペースですが、近日中に新しい果樹を植え付ける予定です。ということで、アイビーは別のスペースに移動させようかと考えています。

せっかくなら見栄え良く育てたいのですが…具体的なプランはまだ思い付いていません。。。

 

アイビーの概要

最後にアイビーの概要をまとめておきます。

f:id:matundaba79:20200316205256j:image

科・属名:ウコギ科キヅタ属

種別:つる性植物

花色:黄緑、黄、ピンクなど

花期:2〜3月

原産:北アフリカ、ヨーロッパ、アジア

別名:ヘデラ、キヅタなど

花言葉:永遠の愛、友情など

◎特徴:

常緑性のつる性植物で、花よりも葉を楽しむ品種です。現在では様々な品種がありますが、開花する品種は限られており、開花したとしてもごく稀なようです。

暑さにも寒さにも強く、繁殖力がとても旺盛です。壁一面を覆ってしまうこともあるため、植える場所や管理には注意が必要です。

 


【4個セット】 ヘデラ イングリッシュアイビー 3号ポット苗 計4ポット

/* 見出しをh3→h2、h4→h3、h5→h4に変更 */