アタマの中は花畑

小さな花壇と家庭菜園を手に入れたガーデニング初心者の日々

【梅シロップ】青梅と氷砂糖があればすぐできる!簡単梅シロップの作り方

店頭で青梅を見かけるシーズンになりましたね。青梅の加工といえば真っ先に梅酒を思い浮かべるのですが…私も妻もほとんどお酒が飲めないため、梅酒ではなく梅シロップをしばしば作っています。梅シロップは独特の甘い香りが特徴で、炭酸水に溶かしたり、ヨーグルトなどにかけていただいています。

 

今回は、そんな梅シロップの作り方についてご紹介します。材料はたったの2つ!あまり手間をかけずに作れますよ。

 

 

今回の材料

梅シロップの材料はこちらです。保存用の瓶が既にあれば、新たに用意するのは青梅と氷砂糖のみです。材料が2つだけなので、私のような人でも気軽に作れるのがポイントです。

・青梅→適量(今回は約500g)

・氷砂糖→青梅と同じ重さ

・保存用の瓶→熱湯消毒した後乾燥させる

f:id:matundaba79:20200604081947j:image

 

ただ2点ほど注意しておきたいがあります。1点目は青梅と氷砂糖の重さを1:1にする必要があることです。店舗などで調達する際は、青梅や氷砂糖の重さを確認してから購入するようにしましょう。

f:id:matundaba79:20200604082107j:image
f:id:matundaba79:20200604082110j:image

※今回はブログ掲載用にg単位で合わせましたが、ここまで厳密に合わせる必要はないと思います。大体1:1であればOKです。

 

またもう1点が、梅干し用の完熟梅ではなく、熟していない青梅を用意する必要があることです。完熟梅の方がより風味のあるシロップが作れそうですが、漬け込んでいる途中で梅が腐ってしまうことがあります。(※数年前に経験済み)

 

以上の2点さえ気を付ければ、あとは仕込むだけです!

 

仕込みはとっても簡単!

ここからは梅シロップの作り方をご紹介します。仕込み作業はとっても簡単です!

 

まず、青梅に付いている黒いヘタを竹串などで取り除きます。

f:id:matundaba79:20200604082037j:image

 

黒いヘタは面白いくらい簡単に取れます。綺麗に取れると、何だか清々しい気分になります。
f:id:matundaba79:20200604082034j:image

 

ヘタを取り除いた青梅はよく洗った後、余分な水分を拭き取っておきます。シロップ作りに余分な水分は厳禁なので、1つ1つ丁寧に拭き取りましょう。
f:id:matundaba79:20200604082040j:image

 

それでも水分が心配な場合は、拭き取った後更に1〜2時間ほど乾燥させておくと無難かもしれません。
f:id:matundaba79:20200604082043j:image

 

続いて、熱湯消毒→乾燥させた瓶に青梅と氷砂糖を交互に入れていきます。私の場合は、下から青梅→氷砂糖→青梅→氷砂糖→青梅→氷砂糖と入れ、6層にしてみました。
f:id:matundaba79:20200604082047j:image

 

青梅と氷砂糖を全て入れ終わったら蓋をして、冷暗所で保管します。あとは、数日おきに瓶を傾けて全体を馴染ませていけば、1か月〜1か月半ほどで完成します。
f:id:matundaba79:20200604082030j:image

 

梅シロップのその後

仕込み2日後(6月5日)

青梅にはほとんど変化がありませんが、氷砂糖が少しずつ溶け出してきました。

f:id:matundaba79:20200605224140j:image
f:id:matundaba79:20200605224143j:image

 

仕込み5日後(6月8日)

氷砂糖が半分以上溶け出し、梅が黄色っぽくなってきました。このあたりから2〜3日おきに瓶を傾け、全体を馴染ませるようにしたいと思います。

f:id:matundaba79:20200608232621j:image

 

仕込み8日後(6月11日)

梅が茶色っぽくなり、一部の梅の表面には白カビのようなものが生えてきました。調べてみたところ、青梅由来の天然酵母だったようです。

f:id:matundaba79:20200612211300j:image

 

◎詳しくはこちら

【梅シロップ】白カビや白い膜が出てきても大丈夫?〜実は天然酵母だった!?〜 - アタマの中は花畑

 

仕込み12日後(6月15日)

天然酵母由来の白いフサフサは収まり、代わりに泡立ちが始まりました。発酵が順調にすすんでいる、ということでしょうか…?

f:id:matundaba79:20200617090329j:image

 

仕込み17日後(6月20日)

泡立ちが少し収まり、シロップの色が少し濃くなってきました。瓶の蓋を開けなくても、梅の良い香りが漂っています。

f:id:matundaba79:20200620233654j:image

 

仕込み23日後(6月26日)

泡立ちはほとんどなくなり、梅は黒っぽくなってきました。現在も4〜5日おきに瓶を傾け、梅に満遍なくシロップがかかるようにしています。

f:id:matundaba79:20200628001047j:image

 

仕込み31日後(7月4日)

仕込み開始から約1カ月、見た目の変化がほとんど無くなってきました。

f:id:matundaba79:20200708000828j:image

 

【余談】梅以外のフルーツシロップも作れます!

今回ご紹介したのは梅シロップですが、梅以外の果実を使っても美味しいフルーツシロップを作ることができます。少し前にレモンシロップの作り方を取り上げましたが、この他イチゴやパイナップル、みかんなどもおすすめです。

 

◎レモンシロップの作り方はこちら

【庭採れレモン】材料はたった2つ!簡単レモンシロップの作り方 - アタマの中は花畑

 


■▼ 取手付密封びん 4L 梅酒瓶 果実酒瓶 セラーメイト 保存容器 調味料入れ 220339 星硝 【保存容器 キッチン おしゃれ インスタ映え 人気 ギフト プレゼントとして】