アタマの中は花畑

小さな花壇と家庭菜園を手に入れたガーデニング初心者の日々

【都道府県の花#24】三重県の木・花について

◎前回の記事はこちら(#23愛知県)

【都道府県の花#23】愛知県の木・花について - アタマの中は花畑

 

2023年7月より「都道府県の木・花シリーズ」と題して、各都道府県を代表する植物についてご紹介しています。第24回となる今回は、三重県の木と花について取り上げたいと思います。

 

 

三重県の木について

三重県の木は「神宮スギ」です。神宮スギとは伊勢神宮の敷地にある杉のうち、大きい個体のことを指すため、ここでは杉の概要についてご紹介します。

f:id:matundaba79:20240320153100j:image

科・属名:ヒノキ科スギ属

種別:常緑高木

花色:─

花期:2月中旬〜4月上旬頃

原産:日本

別名:オモテスギ、ヨシノスギなど

花言葉:雄大、堅実、堅固など

◎特徴:

日本固有の針葉樹で、本州〜九州にかけて広く自生しています(北海道でも植林されている例はあります)。幹が真っ直ぐに伸びることから当初は「直木(スクキ)」と呼ばれ、現在ではこれが転じて「スギ」になったと言われています。真っ直ぐ伸びた幹は木材としても重宝され、人工林の品種別植林面積では日本一を誇ります。

花期は2月中旬〜4月上旬頃で、立春を過ぎるとまずはスギ花粉が飛散し始めます。

◎杉の概要は下記記事からの引用です

【花粉症】スギやヒノキの花粉飛散量はどうやって予想しているの? - アタマの中は花畑

 

三重県の花について

続いて、三重県の花は「ハナショウブ」です。こちらも、ハナショウブの概要についてご紹介します。

f:id:matundaba79:20240320153232j:image

科・属名:アヤメ科アヤメ属

種別:多年草

花色:紫、白、ピンク、青紫など

花期:6〜7月

原産:日本、朝鮮半島〜東シベリア

別名:ギョクセンカ(玉蝉花)、ショウブ、アヤメなど

花言葉:嬉しい知らせ、優しい心、優雅など

◎特徴:

ノハナショウブを品種改良したもので、江戸時代を中心に多くの品種が生み出されました。湿った場所を好み、特に蕾〜開花期は多くの水分を必要としますが、園芸用の培養土でも問題なく育てることができます。

◎ハナショウブの概要は下記記事からの引用です

【端午の節句】実は花菖蒲ではなかった!?菖蒲湯にショウブ・ヨモギが使われるのはなぜ? - アタマの中は花畑

 

三重県の木・花の由来は?

三重県の木として神宮スギ、三重県の花としてハナショウブが選ばれたのには、それぞれ以下のような経緯があるようです。制定された理由に関して詳しいことは分からなかったのですが…どちらも伊勢神宮の敷地内で見かけることができます。

f:id:matundaba79:20240320215317j:image

◎神宮スギ

・昭和41年10月20日に正式に制定された。伊勢神宮神域林の主林木で、千枝のスギ・ホコスギなどの中でこれまで多くの詩歌に読まれてきた。伊勢神宮や大紀町の瀧原宮には樹高40メートル以上の巨木が生い茂っている。

 

◎ハナショウブ

・昭和44年9月22日に正式に制定された。桑名市の九華公園や明和町の斎王の森、伊勢神宮の勾玉池などで見かけることができる。

 

◎次回の記事はこちら(#25滋賀県)

(気が向いた頃に更新)


【送料無料】【5本セット】 スギ 樹高0.8m前後 15cmポット すぎ 杉 スギノキ 杉木 すぎのき 苗 植木 苗木 庭 生垣 山林苗 目隠し


ハナショウブ苗3ポット品種お楽しみミックス